【会社を辞めたい】仕事で失敗ばかりのあなたへ「失敗も財産になる」

また仕事でミスをしてしまった…
もう会社行きたくない。
辞めたい。辞めたい。

仕事で失敗はつきものだよ。
大丈夫。
僕もたくさん失敗したけど何とか乗り越えてきたから。

こんにちは!

サラリーマンブロガーのゆうき(yu-ki)です。

仕事で失敗すると、絶望的になりますよね。

僕も何度も経験しました。

そのたびに会社に行きたくなくなり殻に閉じこもりたい気分になります。

そんな失敗続きの僕ですが、今では社会人4年目となりました。

失敗しても何とかなります。

現時点では希望どおりのキャリアプランを歩むことができています。

  • この記事でわかること

・失敗しても大丈夫ということ

・失敗はみんなしているということ

・失敗しても前向きになる方法

・失敗から経験を得ること

本記事で少しでも悩んでいる会社員の方の背中を押すことができれば幸いです。

目次

人は失敗して成長する「失敗は財産」

「失敗」しても大丈夫だということを4つ紹介します。

  • 名言から学ぶ失敗学
  • 若手のうちこそ失敗しよう
  • 失敗を恐れず積極的に行動しよう
  • 失敗しても愛される人間になろう

名言から学ぶ失敗学

わたしは今までに一度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を、今までに2万回したのだ

トーマス・エジソン

これは有名な「トーマス・エジソン」の名言です。

心に響きますよね。

失敗を「失敗」として捉えず、前向きな解釈をしています。

こうして読むと納得はしますが、いざ自分が失敗するとどうしてもこの考え方にはならず悲観的になってしまいます。

落ち込むのは当たり前のことなので大丈夫です。

僕は落ち込んでも良いと考えます。

落ち込んで、たくさん考えて、次に活かすことができればOKです。

しかし、真面目な人ほど「自分が本当にダメな人間だ」という考え方になってしまいます。

この考えは一番良くないです。

何も解決がしません。

もちろん反省するのは大事ですが、長くてもその日1日だけ落ち込めば良いのです。

次の日には、しっかり気持ちを切り替えて前を向きましょう。

アスリート選手で、ミスをして次の日に落ち込んだまま試合に臨んでいる人を見たことがありますか?

失敗しても切り替えが大事

若手のうちこそ失敗しよう

若いうちの失敗は特権です。

僕は何度も失敗し、何度もくじけました。

しかし、諸先輩方に「若いうちの失敗は財産!」と教えていただき、ここまでやってこれました。

失敗しない人なんていません。

仕事で失敗したとしても、会社をクビになることは大抵ないでしょう。

大失敗しても、自分だけが責任を負わされることはなく、上司や先輩が一緒に謝ってくれたり、フォローをしてくれます。

若いうちこそ失敗はチャンスなのです。

失敗して、たくさん学び経験値を貯めてレベルアップしていきましょう。                         

失敗を恐れず積極的に行動しよう

失敗を恐れたら何も「挑戦」することはできません。

もちろん、挑戦しなければ失敗することもないでしょう。

でも「成功」することもありません。

赤ちゃんのとき、初めて立つことできるまで何度失敗したでしょうか。

そこで諦めたら歩くこともできませんよね。

だから、挑戦しなければ成功しないのです。

私はこの考え方で、まずは「挑戦」することをモットーにしています。

仕事で新規プロジェクトがあれば経験のため手を挙げて参加したり、お手伝いをさせてもらったり、挑戦する姿勢を魅せています。

もちろん不安はありましたが、失敗しても経験となるので頑張ることにしています。

その積極性を評価されたこともあり、現在は勉強したいと希望したことで出向させてもらい、全く違う業種のデベロッパー会社で働くことができています。

最近では仕事以外でも挑戦をするようにしています。

この記事のとおり「ブログ」にも絶賛挑戦中です。

失敗しても愛される人間になろう

失敗して落ち込むのは当たり前です。

でも、ずっと落ち込んでいると周りにも迷惑をかけてしまいます。

失敗したらすぐに謝り、改善策を提案し、二度と失敗しないよう再発防止に努めましょう。

それを繰り返すことで、たとえ失敗しても周りが助けてくれたり、逆に信頼されることもあります。

僕自身が失敗したときも、周りがサポートしてくれました。

ことが穏便になると、周りが笑って「またやってくれたなあ!」と笑ってからかわれたりもしました。

要するに周りから愛された方が有利ということです。

普段からの周りへの接し方も重要ですが、いざ問題が発生したときや緊急の時に人間性が問われますよね。

周りが失敗したときは例え部署が違っても全力で助けてあげましょう。

その行動は、本人はもちろん、周りがしっかり見ています。

自分が失敗しても助けてくれる人がいます。

僕も助けてもらった経験から自分も相手を助けられる人になろうと心に誓いました。

僕の失敗談について(参考)

誰の得になるかわかりませんが、簡単に僕の社会人1、2年目の失敗を共有します。

①大事な契約書をなくす

②スケジュールミスでクライアントを怒らせてしまう

③商品の誤発注

④期日に間に合わず、納品が遅れる

ざっと挙げてみましたがもっとたくさん失敗はしています。

失敗をしてそのときはめちゃくちゃ怒られ、ひどく落ち込みます。

新入社員の頃は本当に辛く、やめたい気持ちでいっぱいでした。

でも、今でも同じ会社に属し、とりあえず元気に仕事はできています。

失敗しても大丈夫ですよ。

失敗したときだけ落ち込み、同じ失敗をしないように気持ちを入れ替えましょう

失敗しても大丈夫です【結論】

失敗の捉え方やその時の行動で人間は変わることができます。

若いうちからたくさん挑戦し、たくさん失敗し、たくさん経験をしましょう。

失敗は財産です」

僕はまだ社会人経験が浅く、説得力が乏しいかもしれませんが、それでもたくさん失敗してここまでやってこれました。

ぜひ、失敗して落ち込んでも自暴自棄にはならないでください。

大丈夫、みんな失敗して生きています。

僕もこれからたくさん失敗して落ち込むことがあると思いますが、自分の成長だと思って仕事もプライベートも頑張ります。

では。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる