習慣化が大事な理由とは?「会社員こそ継続ルーティーンを確立せよ」

何をするにも3日坊主で終わってしまう。
やっぱ継続は難しいなあ。
サラリーマンだと時間ないし。

継続するのは大変だよね。
僕は「習慣化」することによって継続できたよ。
サラリーマンでも大丈夫!

こんにちは!

サラリーマンブロガーゆうき(@yu_ki100pa)です。

この記事を書いた人
  • 本業は転勤族サラリーマン(現静岡)
  • 妻と仲良く暮らしています
  • 趣味は「筋トレ」・「読書」・「ブログ」
  • WordPressテーマはSWELLを愛用
  • Twitterも毎日更新

Twitter:@yu_ki100pa

今回は、習慣化が大事な理由について実体験をもとに解説していきます。

僕は習慣を変えたことで色んなことに挑戦でき、自己成長を実感できています。

本記事が、これから何かを成し遂げようとしている人へ後押しになれば幸いです。

本記事の内容
  • 習慣化するメリット
  • 習慣化させるコツ
  • ルーティンを作り出す方法
  • 会社員こそ時間を作るべき理由
目次

習慣化が大事な理由「継続しないと意味がない」

  • 目標や自己実現に近づけるから
  • 行動を自動化できるから
  • 自信がつくから
  • 時間の大切さを感じることができるから
  • 目標や自己実現に近づけるから

目標や自己実現に近づけるから

自分の目標や実現したいことがあるなら、自己実現するために努力しますよね。

しかし、人間は怠けたり、やらない理由を探すのが非常に上手なので中々努力長続きしません。

1日だけ頑張って目標達成ができるなら構いませんが、そう簡単にはいきません。

努力する時間を確保し、習慣化することで目標や自己実現に一歩近づくことができるのです。

毎日小さな努力を積み重ねることによって確実に成長ができます

行動を自動化できるから

家出るときは無意識にドアにカギをかけますよね。

これは行動を自動化できているからです。

すなわち勝手に習慣になっています。

自分がやりたいことを毎日継続して行うことにより、脳で考えずに無意識に行動ができるようになり、生活の一部になります。

自分の生活の中でルーティンを作ることによって「無意識」的に行動することが可能になります。

行動を自動化するルーティンを作ろう

自信がつくから

習慣を定着させると、自己肯定感が向上し、自信をつけることができます。

なぜなら、毎日行動することができているからです。

三日坊主から脱却し、以前の自分よりも行動し、成長しています。

自己成長を自らが感じられるようになれば次第に実績となり、自信につながります。

僕自身も努力を習慣化したことにより、小さな実績を積み上げることができています。

時間の大切さを感じることができるから

習慣化することはその分だけ時間を確保しなくてはなりません。

  • 朝早く起きる
  • 残業を減らす
  • YouTubeを我慢する

時間を確保するためには何かを我慢したり、無駄な時間を減らしたり努力しなくてはなりません。

日々の充実さはどれだけ有意義な時間を過ごすことができたかで決まります。

自分にとって有意義な時間とは何かを考え、時間を確保していくことが大事です。

合わせて、時間を確保する環境づくりをしてみましょう。

継続ルーティンを確立する3つの方法

  1. 明確な理由を見つける
  2. 小さなことから始める
  3. 周りに宣言する

①明確な理由を見つける

習慣化させる理由を明確にしないと継続はできません。

特に理由もなく習慣化しようとすると、途中で挫折することが多いです。

やる理由がないため、やらない理由を作ってしまいます。

以下、僕の体験談です。

僕は社会人3年目のときに何となく健康に良さそうという理由で、「ランニング」を始めました。

しかし、長続きしませんでした。

なぜなら、「健康に良さそう」という抽象的な理由だったからです。

そこで僕はどうせ走るなら「フルマラソン完走」を目標に掲げ、走る理由を作りました。

フルマラソン完走は初心者にとっては大きなハードルなので継続してランニングをして体力をつけなくてはなりませんでした。

そのため、僕は「ランニング」を習慣化し、結果的に「フルマラソン完走」を成し遂げることができました。

習慣化させる明確な理由、すなわちゴールをしっかり決めておかないと継続できません。

習慣化する目的をみつけよう

②小さなことから始める

最初はやる気に満ち溢れているため、自身に大きな負荷をかけてしまいがちです。

僕も最初は張り切りすぎてしまい、失敗しそうになりました。

前述した「ランニング」を例にします。

フルマラソン完走に向け、ランニングを習慣化することを決意した僕は、毎日10キロ走ることを課題としました。

毎日10キロとなると最低でも1時間以上は時間を確保しなければなりません。

毎日ランニングするうえに10キロを課していたので、残業した日は時間を確保することができず、モチベーションが下がってしまいました。

そこから僕は、最初は1週間に計30キロ走ることを目標に頑張りました。

自分へのノルマをほどほどにしたことにより、無理なく臨機応変に実行することができました。

一気に負荷をかけると途中で挫折することが多いです。

モチベーションを維持しながらコツコツと積み上げていくことが大切です。

焦らずマイペースに習慣化させていきましょう。

最初は無理せず小さなことから積み上げよう!

③周りに宣言する

知人や友人に宣言して自分を追い込みましょう。

「いや、言いたくないよ」という人がいればSNSのアカウントを作って発信しましょう。

自分から宣言することで後には引けず、半強制的に継続させることができます。

僕もTwitterでアカウントを作成し、自分を鼓舞するために発信しています。

同じ目標を持つ人とコミュニケ―ションもとれるのでより意識を高めることができ、モチベーションにつなげることができます。

SNSを活用し、モチベーションを上げよう

僕が習慣化していること「小さな成功体験を積み重ねる」

筋トレ

週3くらいで朝や仕事後に行くことを習慣にしています。

サラリーマンであっても毎朝1時間早く起きれば筋トレできます。

テレワークの方は通勤時間がない分、筋トレ時間も確保しやすいのではないでしょうか。

「時間がない」は言い訳です

読書

毎日30分以上読書でインプットしています。

朝や寝る前に読んでいることが多いです。

日々の積み重ねが自分を成長してくれると確信しています。

アウトプットはもちろん大事ですがインプットも必要ですよね。

読書によって時間の大切さも学ぶことができます。

Twitter

毎日欠かさず投稿しています。

僕の中で確立したルーティンがあるため無意識に行動できていますね。

気軽にアウトプットできるし、モチベーションを高めてくれる最強のツールだと思います。

まとめ

  • なぜ習慣が大事なのか

・目標や自己実現に近づけるから

・行動を自動化できるから

・自信がつくから

・時間の大切さを感じることができるから

習慣を変えることで人生も変わると僕は考えます。

僕自身、習慣を変えたことで健康になったり、ブログを書いたり、様々なことに挑戦することができました。

サラリーマンでも時間を確保することができます。

少しずつでもいいので習慣を作ってみましょう。

未来の自分のために自己投資ができますよ。

僕も頑張ります。

では。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる