【まだ間に合う】ふるさと納税はいつまで?「会社員は今すぐやるべき」

ふるさと納税ってよく聞くけど結局やったことないな。
いつ申請すればいいんだっけ?
手続き難しそうだなあ

手続きは全然難しくないよ。
申請も年内までなら間に合うから安心してね!

こんにちは!

サラリーマンブロガーのゆうきです。

みなさんは「ふるさと納税」はしていますか?

していない人がいるのであれば、ぜひやるべきです。

なぜなら、ふるさと納税はメリットがたくさんあるからです。

「税控除」と「返礼品」が貰えてとってもお得ですよ。

こんな悩みを解決します
  • ふるさと納税って結局なに?
  • 何がお得になるのか
  • 申請の仕方が分からない
  • いつふるさと納税すれば良いの?

申請や手続きも意外と簡単にすることができます。

会社員、パートさん、フリーランスの方はおすすめなのでぜひ実践してみてください。

では、「ふるさと納税」についてざっくり分かりやすく解説していきます。

目次

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。

総務省 ふるさと納税ポータルサイト

詳細を解説するとなると計算式が多くなるのでここでは割愛します。

こちらのふるさと納税サイトに詳しく記載されているので参考にしてください。

ふるさとぷらす
単に言うと…

「その年の年収に応じた寄付金額」から「2000円」を引いた分が翌年度に税控除対象になるということ。

そして、寄付した市町村から返礼品がもらえる。

税控除と寄付した自治体から返礼品が貰えるという仕組みです。

「実質2000円」で返礼品が貰えるのはお得です

ふるさと納税の申し込み期間

申込期間

1月1日から12月31日まで

※ワンストップ特例制度は翌年の1月10日まで(※後ほど解説)

なお、控除対象は年明けの1月からとなります。

ただし、たくさん寄付すれば良いというものではなく寄付の限度額を超えてしまった分は控除されないので注意が必要です。

■例

2020年12月にふるさと納税実施

↓ ↓ ↓

2021年1月10日までにワンストップ特例制度申請

↓ ↓ ↓

2021年に税控除適用になる

以下、「年収ごとの控除限度額早見表」です。

自分の年収の限度額をみてみましょう。

楽天「お金の総合案内」

また、自分がいくらまで寄付できるのか、簡単納税シミュレーターで確認することができます。

年収や家族構成を選択すれば簡単に把握することができますよ。

ふるさと納税はいつ申請するのがおすすめ?

まずは申請時期によって金額の優越は一切ありません。

変わってくるのは返礼品の内容や発送時期です。

個人的なおすすめ申請時期は10月から12月上旬です。

10月~12月に申請するメリット

①今年の寄付金額目途が把握できる

②ふるさと納税サイトのキャンペーンが多い

①今年の寄付金額目途が把握できる

1月から12月の年収でいくら寄付できるが判断することになります。

そのため、10月~12月に申請することでその年のおおよその年収を図ることが可能になります。

仮に年の早い段階で納税してしまうと年収に上下があった時に損をしてしまう可能性があるため注意が必要です。

寄付金額の上限いっぱいまで申請し、損せずに控除と返礼品をゲットしましょう

②ふるさと納税サイトのキャンペーンが多い

年末になると申請する人が多くなるため、各ふるさと納税サイトがキャンペーンを実施していることが多いです。

秋頃からキャンペーンや返礼品の還元率がアツいのでねらい目です。

特に、Amazonギフト券がもらえたりするサイトが多いですね。

【例】

さとふる:12月31日までの納税で寄付額1%分のPayPayギフト券

ふるさと本舗:12月31日までの納税で最大寄付額の5%分のAmazonギフト券

ふるなび:12月31日までの納税で最大寄付額の8%分のAmazonギフト券

ふるさとプレミアム:12月31日まで最大寄付額の9%分のAmazonギフト券

ふるさと納税の申請方法

ざっくり説明します。

  1. 寄付金額を設定する
  2. 寄付金額内の返礼品を探す
  3. 返礼品を確定・申請
  4. 証明書と返礼品が届く
  5. ワンストップ特例制度を活用

①寄付金額を設定する

自分の寄付金額上限を把握します。

先ほど紹介した簡単納税シミュレーターが分かりやすいです。

②寄付金額内の返礼品を探す

寄付金額上限が許す限りの返礼品を見つけましょう。

お肉や果物の還元率が多いのでおすすめです。

僕も毎年、秋頃はみかんや冷凍イチゴなどを狙っています。

特に果物は旬の時期に分けて発送してくれるので、大量に腐らせる心配がないので安心できますよ。

また、個人的に返礼品は3つくらいがちょうどよいですね。

同じサイトから申し込むと手続きが簡単ですよ。

③返礼品を確定・申請

返礼品を確定したら、カートにいれるなどの処理をし申請しましょう。

決済はクレジットカードでも可能ですので簡単です。

④必要書類と返礼品が届く

先に証明書が各自治体から郵送されるのでしっかり保管しましょう。

ワンストップ特例制度の申請用紙や返信用封筒も同封されていることも多いです。

そして、返礼品も届きはじめますので楽しみに待ちましょう。

⑤ワンストップ特例制度を活用

  • ワンストップ特例制度について

ふるさと納税を行うと「確定申告」が必要となります。

しかし、やらなくて良い方法があります。

それが「ワンストップ特例制度」です。

ワンストップ特例制度とは

・住民税のみ控除対象となる

・寄付した自治体が5つ以下であること

・1月10日までに必要書類を自治体に郵送すること

やり方は非常に簡単なのでサラリーマンや主婦の方にはおすすめです。

なお、確定申告との違いは控除対象が異なりますが、控除金額に差はありません。

※確定申告をされる方は、税務署へ確定申告を行ってください。

  • ワンストップ特例制度のスケジュール

注意が必要なのは、

・自分で必要書類を郵送すること

・必要書類を1月10日までに郵送すること

となります。

詳細は自分が登録する「ふるさと納税サイト」に詳しく解説されているのでそちらを参考にした方が一番確実です。

参考までに主要なふるさと納税サイトを記載します。

主要おすすめふるさと納税サイト

サイトによって商品やキャンペーンが異なりますが、基本的な仕組みは変わりません。

なお、申請時には必要書類をふるさと納税サイトからダウンロードします。

マイナンバーカードや運転免許証など身分証明証も必要となりますね。

ふるさと納税はいつまでに申請?【まとめ】

ふるさと納税とは?

・「1月から12月の年収に応じた寄付金額」から「2000円」引いた分が控除になる

・寄付した自治体から返礼品が貰える

実質2000円」で返礼品をゲットすることができます。

申請期間は?

・1月1日から12月31日まで

・ワンストップ特例制度は翌年の1月10日までに申請

したがって、ワンストップ特例制度を利用するなら12月中旬には申請しておきましょう。

まだふるさと納税をやっていない人はこれを機会にぜひしてみてください。

「実質2000円」で豪華な返礼品を貰うことができます。

税控除についての勉強にもなりますよ。

では。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる