サラリーマンは人生負け組?「メリットとデメリットをまとめてみた」

サラリーマンって負け組なのかなあ。
よくオワコンとかも言われてるし。

たしかに今はフリーランスが増えてきているね。
会社員の僕が僕がサラリーマンのメリット・デメリットを紹介するよ。
一緒に考えてみよう。

こんにちは!

サラリーマンブロガーのゆうきです。

サラリーマンとして働くって大変ですよね。

僕はまだ会社員歴4年目ですが、それなりに会社に染まってきた気がします。

本記事では、会社員の僕が感じたサラリーマンのメリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

サラリーマンとして働くことについて悩んでいる人に参考になれば幸いです。

自分の働いている環境を改めて考えていただく機会になればと思います。

目次

僕が感じたサラリーマンとして働くことのメリット

・安定した収入が手に入る

・福利厚生が充実している

・社会的な信用がある

・ビジネススキルを身に着けることができる

安定した収入が手に入る

務めている企業によっては基本給と歩合で多少異なりますが、基本的に毎月一定の給料が支給されます。

自分がどんなに仕事ができなくても給料は貰えるのです。

例え、企業の業績が良くなかったとしても給料がゼロになることは到底考えられません。

したがって、会社に務めていればどんな人でも一定のお金が貰うことができます。

毎月固定の金額が貰えるなんて素敵ですよね。

給料日が楽しみです。

福利厚生が充実している

有給休暇制度や社宅補助制度などさまざまな福利厚生が存在します。

特に社宅補助は非常に大きいです。

僕は現在、2LDKのマンションに住んでいるのですが社宅補助制度を利用し約2万円で住むことができています。

普通なら8万円くらいするのですが、実費は2万円だけです。

基本給にすると7万円上乗せしてもらっているのと同じです。

僕は転勤族なので少し特殊かもしれませんが、非常に社宅制度は助かっています。

福利厚生はサラリーマンならではの特権と言えるでしょう。

社会的な信用がある

ここでいう社会的信頼とは「銀行からの融資」という意味です

  • クレジットカード
  • 車を購入するためのローン
  • 家を買うためのローン
  • 子供の大学進学費用の奨学金

これらの行為をするとき、銀行側から「こいつはちゃんと返してくれるのか?」ということを審査されます。

サラリーマンをやっていると基本的には融資を受けられると考えて良いでしょう。

※勤続年数や年収によって左右されます

社会的信頼は生きていくうえで非常に重要です

ビジネススキルを身に着けることができる

勤める会社先で給料を貰いながら専門知識を身につけることができます。

例えば、金融業界ならお金に関して詳しくなりますし、IT業界ならネット関係が強くなります。

働いてお金をもらいながら専門スキルを身に着けることが可能です。

また、専門性以外にもコミュニケーションスキルや論理的思考力も身に付けることができます。

ビジネスをやっていくうえで必要不可欠なスキルも養うことができます。

給料をもらいながらスキルを獲得できる

僕が感じたサラリーマンとして働くことのデメリット

・人間関係に悩む

・稼げる額が決まっている

・やりがいがない

・個性が消える

・人間関係に悩む

人間関係に悩む

サラリーマンの一番の悩みは人間関係です。

仕事が辛くても人間関係が良かったら頑張れます。

仕事が楽でも人間関係が悪かったら頑張れません。

サラリーマンは上司や職場環境は選ぶことができないのでハズレを引くことも多々あるでしょう。

会社を辞める理由の上位に「人間関係」が上位にくるのも納得です。

僕も仕事の大変さよりも上司によって辛さが左右しました。

当時は毎日会社に行きたくないなあと思いながら頑張って出勤していました。

人間関係で悩むことが本当に多い

やりがいがない

サラリーマンは同じ毎日の繰り返しです。

同じ時間に起き、同じ時間に出社し、同じ仕事をこなし、残業して帰宅。

刺激がなく、単調な日々になるのでつまらなくなるのです。

特に、仕事内容も同じルーティンであればなおさらでしょう。

サラリーマンの仕事のほとんどが「ワクワク」感がありません。

僕は次の日の仕事が楽しみすぎて寝れないと思ったことは社会人初日のとき以外1度もありません。

仕事のほとんどはやりがいがない

稼げる額が決まっている

サラリーマンは毎月安定した給料が貰えます。

しかし、貰える額は一定であり、突然大きく稼げることは少ないです。

「仕事が成功して大金を手にし、一発逆転できた」ということは滅多にありません。

勤続年数を重ねたり、出世することによって少しずつ給料が上がっていきます。

良い意味で安定した給料が貰えますが、稼げる上限が決まっています。

僕の会社は年功序列なので毎年少しずつ基本給が上がっていくスタイルです。

どんなに頑張ってもボーナスに少し反映されるくらいで大して変わりがありません。

お金をモチベーションに会社員として働くなら、歩合制を取り入れている企業に勤めるしかないでしょう。

個性が消える

サラリーマンになると理不尽なことや我慢するケースが結構あります。

無駄な作業だと分かっていてもやらなくてはいけないときがあります。

言いたいことも言えず、サラリーマンだからと割り切るしかありません。

思ったことも言えず、自分の心の中でとめておくことしかできないのです。

この環境に染まってしまうと、自身の個性や夢が潰れてしまうことになってしまいます。

結論

サラリーマンは負け組でも勝ち組でもない。

隣の芝生は青く見えるってやつです。

サラリーマンは負け犬とか、今の時代はフリーランスがいいとかたくさんの意見があると思います。

たしかにフリーランスになって楽しい仕事ができ、お金もある程度安定して稼げるようになっているなら魅力的です。

しかし、現実は甘くない。

サラリーマンをやめると、社会的信用もなくなり、安定した収益もなくなります。

これは大きなリスクです。

リスクを負わないと大成功はありませんが、リスクを少なくする努力はできます。

したがって、僕は「サラリーマン×副業」が一番最強だと考えますね。

少ないリスクで挑戦できるので魅力的です。

ダメならダメで良い勉強になったと自分の経験につながります

サラリーマンは辛く大変なことが多いですが、サラリーマンしているおかげで今の生活ができています。

普通の生活に慣れてしまうと当たり前の「幸せ」に気が付かなくなってしまいます。

辛いことや大変なことに目がいきがちですが、ここでもう一度自分が恵まれた環境にいることを認識することが大切です。

この記事で、自分の働いている環境を改めて考えていただく機会になれば幸いです。

では。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 初コメです。
    いつも拝見させて頂いてます!
    今回の記事ですが、以前も同じ記事ありませんでしたか?

    • いつも読んでいただきありがとうございます。
      コメント拝見させていただきました。
      おそらく3記事目に書いた「社会人は辛くて当たり前」という記事に、本記事のデメリット部分がかぶっていますね。
      サラリーマンならではの「悩み」に共通してしまいました。
      引き続き、当ブログをよろしくお願いします。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる