時間がないあなたへ「社会人こそ実践すべき6つのこと」

毎日忙しいなあ。
自分の時間が全くないや。
ただ仕事をする毎日だ…

社会人になると自由な時間が少なくなるよね。
忙しい中でも時間を確保する方法を紹介するよ!

こんにちは!

サラリーマンブロガーのゆうきです。

社会人になると急に自由な時間が減りますよね。

多くの人は会社に「時間」を奪われてしまいます。

特に平日は仕事に追われ、ゆっくりできるのは土日くらいの方が多いのではないでしょうか。

今回は「社会人が時間を確保する方法」を僕の経験から紹介します。

こんな人読んでほしい人
  • 仕事が忙しい人
  • やりたいことができないこと
  • 毎日余裕がない人
  • 毎日つまらないと思いながら過ごしている人

この記事を読めば、どのようにして時間を確保することができるかが分かります。

実際に普通のサラリーマンの僕が実践しているので参考にしていただければ幸いです。

目次

なぜ時間がないのか【社会人向け】

社会人が「時間」を確保できない原因は大きく3つあります。

・仕事に追われている

・毎日疲れている

・家事に時間を要する

仕事に追われている

学生ところと違って、社会人は朝から晩まで「会社」という空間に縛られてしまいます。

その空間の中で周りに気を遣いながら忙しく仕事という作業をしているのです。

会社員であれば約8時間は会社に拘束されるので、1日の活動時間の多くを「仕事」に費やすことになります。

残業や通勤時間を加えれば約10時間拘束になる場合もあります。

会社員として働き、「給料と引き換えに時間を献上する」といっても過言ではないですね。

以上の点から、生活の大部分を仕事に時間を割いていることが理解できます。

いかに拘束時間を短くできるかがカギとなります。

ゆうき

僕も会社員なので身をもって体感しています。

毎日疲れている

心身ともに疲労していると活動的に動くことが難しいです。

朝から晩まで仕事や勉強をしていると疲労困憊になりますよね。

疲れていると気力がなくなり、ただご飯を食べて寝るだけの生活に陥ってしまうケースが多いです。

時間に余裕がなく、疲れているので「寝ること」を優先せざるを得ません。

新入社員時代の僕もこのような生活が当たり前でした。

残業後はクタクタになって家に帰り、すぐに寝てまた仕事に向かう日々…

働くって大変です。

自由な時間はなく、ただ作業のように毎日を過ごす

毎日の家事に時間を要する

毎日のように家事をしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

・洗濯

・掃除

・炊事

この3つが特に時間を使いますよね。

当たり前のことですが、社会人をしながら家事をするとなると結構大変ですよね。

特に炊事は片付けもめんどくさいです。

毎日の作業となると、積み重ねれば結構な時間を費やしていることになります。

いかに労力をかけずに時短作業をするかがポイントですね。

社会人が時間を確保する方法6つ

僕が実際に行っている時間を確保する方法を6つ紹介します。

どれか1つでも良いので実践してみてください。

  1. 残業をしない
  2. 昼休みを利用する
  3. 相手に理解してもらう
  4. 時短家具を買う
  5. 朝の時間を活用する
  6. ルーティンを確立する

①残業をしない

残業をしてしまうとデメリットが多いです。

・時間を奪われる

・疲れてしまう

・ストレスがたまる

もちろん、残業代で稼げることは嬉しいですが一時的なものです。

残業は何も価値を生みません。

必要な残業以外は早く退社し、他のことに時間を使うべきです。

18時に仕事を終えることができれば、ある程度の時間を確保することができます。

まずは残業を減らす努力や環境づくりから始めましょう。

ゆうき

僕も残業をしないことをモットーにしています。

②昼休みを利用する

会社員であれば昼休みが1時間ほどありますよね。

しっかり休息をとりましょう。

同僚や上司とランチするのも良いですが、たまには一人の時間を確保するのも大切です。

仕事上、付き合わなければならないときはあります。

その場合は仕方がありませんが、何かしら気を遣うので休まらないことが多いです。

一人でランチをすることで自分の好きなものが食べれたり、自分の好きなことに時間を使うことができます。

  • 気になるお店でランチをする
  • 読書をする
  • SNSを確認する
  • 仮眠をとる

仕事のことを忘れて、自分の好きなことをすることで多少なりともリフレッシュすることができます。

昼休みをうまく使うことで午後の作業効率も変わっていきます。

15分でも仮眠をとることで午後の作業に集中することができますよ。

③相手に理解してもらう

時間を確保するには相手の理解が必要です。

例えば、会社であれば事前に「今日は早く帰る」ということをやんわり伝えておくと帰りやすいですね。

あらかじめ周知しておくことで理解してもらいやすいです。

家族間であっても毎日1時間作業のために協力してほしいということを伝えておけば時間を確保しやすいです。

  • 僕がやっていること

・水曜日は早く帰る人になっている(会社)

・毎日1時間やりたいことをさせてもらっている(お家)

相手に理解してもらうことで自分の時間を確保しましょう。

④時短家具を買う

お金に余裕があれば時短家具の購入がおすすめです。

お金で時間を買いましょう。

・食洗器

・ウォーターサーバー

・ドラム式洗濯機

・食洗器

食洗器

食器洗いってめちゃくちゃめんどくさいですよね。

僕も一番嫌いかもしれません。

そんな方は食洗器を買うことで手間がを省くことができます。

食器をぶち込んでスイッチをONにするだけで完了です。

節水にもなるのでおすすめです。

ウォーターサーバー

ボタン一つで冷たい水とあたたかいお湯が一瞬で出ます。

・筋トレしている人

・毎日あたたかい飲み物を飲む人

わざわざペットボトルを買ったり、お湯を沸かす作業がなくなります。

費用はかかりますが、資金に余裕がある方はおすすめです。

ドラム式洗濯機

こちらも初期費用がかかりますが、時短効果が絶大です。

なぜなら「自動乾燥」がついているからです。

干す手間が省けるのが大きなメリット。

洗濯物をハンガーにかけてしわを伸ばし、干す作業って時間がかかります。

洗濯を干す作業、取り入れる作業を30分、週3回とすると、

・1週間で1.5時間の節約

・1か月で6時間の節約

・1年で3日の節約

・10年で1か月分の節約

ドラム式洗濯機を使えば、自動乾燥はもちろん、しわになりにくく繊維を傷つけない仕組みになっているので大事な服も遠慮なく洗濯できますよ。

縦型洗濯機より高いですが、洗濯が楽になりますよ。

⑤朝の時間を活用する

朝は時間を確保するのにおすすめです。

忙しい社会人であっても朝なら誰にも邪魔されることなく自分の時間を確保することができます。

朝の時間を有効的に活用することで1日を気持ちよくスタートすることが可能になります。

自分の頭も整理でき、気持ちよく仕事に臨むことができるので会社員の方は特におすすめです。

  • 美味しい朝食を食べる
  • 読書
  • 散歩
  • 趣味

自分なりの朝活おすすめの過ごし方を見つけていきましょう。

朝を制する者は人生を豊かにする

⑥ルーティンを確立する

夜のルーティン、朝のルーティンを確立しましょう。

ルーティンを決めることで行動を自動化することができます。

特に、続かない作業をルーティンに組み入れることで継続することができます。

僕は「読書」が苦手でしたが、毎日寝る前のルーティンにしたことで継続できています。

少しずつルーティンの幅を広げることでやりたいことが実現するとともに時間を確保することが可能です。

ゆうき

無意識に作業ができるよう継続が大事!

新しい目的を見つけよう【環境づくり】

僕の経験上、仕事以外で目的を見つけることによって時間を作る環境を整えることができます。

退社後に自分が進んでやりたいことを実践すると良いです。

僕の場合は、ブログや読書、筋トレをするという使命を課しています。

それを実現するために時間を確保する努力を毎日しています。

自ら行動したいと思うことを見つけることで必然的に時間を作ることが可能になるのです。

あなたが今やりたいこと、興味があることをやってみる機会を作ってみましょう。

ゆうき

僕は必然的に会社を定時上がりしなければならない環境を作っています。

まとめ

社会人が時間を確保する方法
  • 残業をしない
  • 昼休みを利用する
  • 相手に理解してもらう
  • 時短家具を買う
  • 朝の時間を活用する
  • ルーティンを確立する

上記を実践することで確実に時間を確保することができます。

時間を作ることで自分のやりたいことができ、理想の自分に近づくことが可能です。

会社員でも工夫をすれば誰でも時間を確保することができます。

時間は有限なので無駄にはできません。

仕事以外の時間であなたは何を実現しますか?

では。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる